記念日には特別なフレンチを!名古屋市周辺で食べられるお店をご紹介!

グルメ

大切な人との記念日には、特別な美味しい料理が食べて過ごしたい、と思いませんか。

そんな時にピッタリなのが、フレンチ料理です。

今回は、名古屋市周辺で食べられるフレンチレストランをご紹介します。

どのお店も、色彩豊かな美しいフレンチ料理が味わえる名店揃い。

さらには、どのお店も「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重 2019 特別版」の星を獲得しています。

コース料理を味わい、優雅でスペシャルな時間を過ごしましょう。

Chez KOBE(シェ・コーベ)

名古屋市昭和区、地下鉄八事駅から徒歩10分のところにある、名古屋の老舗フレンチを代表する「Chez KOBE(シェ・コーベ)」。

お店の始まりは、名古屋の下町に開いた小さな洋食店「神戸屋」。

そこから二代目がフレンチレストラン「Chez KOBE(シェ・コーベ)」を閑静な住宅街に開き、以来40年以上の歴史が大切に受け継がれてきた名店です。

まるでフランスにある1軒家に遊びに来たような、可愛らしい外観でウェディングにも人気なお店。

コースはランチ・ディナー共に2種類あり、夜限定でシェフのおまかせコースも用意されています。

老舗だけあって、隙のない完璧なフレンチ料理を味わえることでしょう。

テイクアウトも行っており、ビーフカレーやハンバーグといった、洋食屋さんメニューを真空冷凍パックで販売されています。

全国にも発送可能なので、名店の味を手軽に味わいたい方は是非チェックしてみて下さい。

La GrandeTable de KITAMURA(ラ・グランターブル ドゥ キタムラ)

名古屋市東区、高岳駅から徒歩12分のところにある「La GrandeTable de KITAMURA(ラ・グランターブル ドゥ キタムラ)」は、歴史的な趣が残る白壁の一角。

旧邸を改装した和モダンな外観ですが、店内は天井高い劇場のような美しい洋風インテリアで、訪れた人を驚かせています。

シェフは長年フランスで有名な三ツ星レストランで修業を積み、スイスで世界ナンバーワンだと評されたお店、そして「ミクニナゴヤ」で料理長も務めていたことも。

同じお客様には二度と同じ料理を出さない、という事でも有名です。

そんなシェフが作るのは、ランチ・ディナー共に、金額に応じて作られるシェフおまかせのコース。

美しく彩られた芸術品ともいえるフレンチ料理を味わう事ができます。

そんな「La GrandeTable de KITAMURA(ラ・グランターブル ドゥ キタムラ)」では、フレンチのテイクアウト弁当が予約できるようです。

格式高いフレンチの味を、テイクアウトでも是非ご堪能下さい。

Reminiscence(レミニセンス)

名古屋市中区、地下鉄伏見駅を徒歩8分のところにある、ビルの2階へ続く階段が「Reminiscence(レミニセンス)」の入り口。

「思い出・追憶」という意味がある店名は、余韻ある記憶に残る料理によって、人生がより豊かになることを願い付けられています。

ミシュランで選ばれる超一流店である、東京の「カンテサンス」や大阪の「ハジメ」で修行を積んできているシェフ。

そんなシェフが作る料理は、全て完全予約制のおまかせメニューで構成されています。

独創的な食材とソースの組み合わせに、新しい感動を覚えることでしょう。

さらに、ソムリエがおすすめのワインを選んでくれる「ワイン ペアリング」サービスも予算別に用意されています。

その日の食材の美味しさを最大限引き出したコース料理に、またここを訪れたいと思うはずです。

予約はWeb予約のみ、営業時間内は忙しく電話に出られないこともあるのでご注意を。

LA VAGABONDE(ラ・ヴァガボンド)

名古屋市中区、JR鶴舞駅から徒歩3分に位置するお洒落な佇まいの「LA VAGABONDE(ラ・ヴァガボンド)」。

お店の名前を直訳すると「放浪者」で、やりたい事をのびのびと、という想いが込められています。

ここのフレンチは、近年よく耳にする「イノベーティブフレンチ」という新ジャンルの料理が食べられるお店。

お店の名前通り、実に革新的なフレンチ料理は、芸術作品を見せられているような美しさです。

前菜から始まり全ての料理が終わるまで3時間以上、デザートまで完璧な味わいで、あっという間に時間は過ぎていく事でしょう。

予約は2ヶ月前の同日10時から、電話予約にて受け付けています。

こちらも人気店なため、特別な日に予約したい方は予約開始と共に連絡した方が良さそうです。

なお、来店希望日の2ヶ月前が休みだった場合、翌日の営業日が予約開始日となるためご注意下さい。

フランス料理 壺中天(コチュウテン)

名古屋市東区、地下鉄新栄駅からマジックアートプラザへの専用通路へと徒歩1分、「フランス料理 壺中天(コチュウテン)」はアクセス抜群。

店内は、ここが地下であることを忘れるほど、天井高く開放感溢れた雰囲気です。

お店はリピーターも多く、クラシカルなフレンチが味わえると人気。

また、ここでは日本で唯一のパルマハム食品が作る生ハム「ペルシュウ」も扱っており、こだわりの美味しさを堪能できます。

ランチ・ディナー共に、予算に応じたシェフのおまかせメニュー。

品のある格式高いフレンチレストランで、優雅な気分を味わってみてはいかがでしょうか。

なお、予約は電話のみでの受付です。

La Floraison de TAKEUCHI(レストラン ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ)

名古屋市中区、地下鉄伏見駅から徒歩6分に位置する「La Floraison de TAKEUCHI(レストラン ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ)」は、お洒落な外観が目立つお店です。

店名でもある「ラ・フロレゾン」とは、フランス語で「花開く」という意味。

才能を開花させた料理を提供する、シェフの独立に向けた想いを表しているようです。

お客様にリーズナブルに高品質の料理を提供する、普段使いのカジュアルなレストランを目指しているお店。

店内にはオープンキッチン前にカウンターが設けられており、料理をふるうシェフの様子を見ることが可能です。

予約は電話受付またはWebからで、当日から翌月末日までの申し込みが可能です。

LE PIGNON(ル ピニョン)

名古屋市東区、名鉄瀬戸線森下駅から徒歩6分、徳川園近くにある隠れ家的な佇まいをみせる「LE PIGNON(ル ピニョン)」。

和モダンを感じさせる外観から中に入れば、樹齢100年の黒松が訪れる人々を迎えてくれます。

店名はフランス語で「松の実」を表し、中庭の黒松の様に愛されながら成長していきたいという想いが込められています。

ランチは2コースから、ディナーは1コースのみ。

旬の食材の味を最大限引き出せるよう、シンプルで洗練されたフレンチ料理が味わえます。

美しい庭園を眺めながら、心地よい接客サービスが受けられると人気のこのお店は、価格もフレンチながらリーズナブル。

何度でも足を運びたくなる、そんな魅力的なお店です。

Mas de Lavande(マスドラヴァンド)

名古屋市中区、地下鉄新栄町駅から徒歩6分ほどのところにあるが「Mas de Lavande(マスドラヴァンド)」。

ビルの地下にあり客席も少なめの小さなお店ながらも、客足は途絶えません。

お店の名前である「Lavande」は、フランス語でラベンダー。

南仏プロヴァンスで修行したシェフが、想い出を忘れない様にと名産であるラベンダーから付けられた店名です。

フランスで集めた可愛らしいオブジェや、使っているお皿がラベンダー模様だったりと、センスある演出にも目が行きます。

プロヴァンスの香り漂うフレンチ料理は、ランチ・ディナー共におまかせコース。

予算に併せてコース料理を用意することも可能なため、予約の際に相談してみてはいかがでしょうか。

お腹いっぱい美味しいフレンチ料理が食べたい、という方にはおすすめのお店です。

まとめ

今回は名古屋市周辺の、フレンチ料理が食べられるお店をご紹介しました。

名古屋市周辺は、魅力的なフレンチレストランの激戦区。

どのお店も、それぞれのシェフのこだわりを感じさせる美味しいフレンチ料理を楽しむことができるので、特別な日に足を運んでみてはいかがでしょうか。

しかしながら、格式高いフレンチ料理のお店は、どこもマナーが重視されています。

お店によっては、ドレスコード、10歳以下は入店不可、キャンセル料の発生あり、といった注意事項がありますので、訪れる際はホームページなどでご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました