名古屋市周辺はラーメン店の激戦区!美味しくて通いたくなる名店はどこ?

グルメ

人々から愛される、日本の国民食ともいえる食べ物といえば「ラーメン」。

並んででも食べたいお店は名古屋市周辺でも多く、ラーメン激戦区であることは間違いありません。

今回は、そんな激戦区で多くの人がまた通いたい!と思う名店をご紹介。

どのお店も「食べログ 百名店」に選ばれた事のある、人気の高いところばかりです。

名古屋市周辺の美味しいラーメン店をお探しの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

らぁ麺 紫陽花

名古屋市中川区、地下鉄六番町から徒歩15分のところにあるのが「らぁ麺 紫陽花」。

2021年の9月にリニューアルオープンしてから、ますます人気が絶えないラーメン屋です。

何度も足を運びたくなるその理由は、間違いなく至高の一杯だと評される「特製醤油らぁ麺 」。

醤油の香りのスープの美味しさに、飲み干してしまう方も多いようです。

リニューアル後に登場した「特製白醤油らぁ麺」も、まろやかな白醤油の風味が病みつきになると好評です。

行列で密にならないように、開店前から整理券を配り指定の時間に来てもらうようにと、感染対策もされているお店。

整理券の状況は、お店のツイッターで随時確認することが可能です。

いつかは訪れてみたい名店のひとつといえるでしょう。

らぁ麺や 汐そば雫

名古屋瑞穂区、地下鉄堀田駅から徒歩10分のところにある「らぁ麺や 汐そば雫」は、雫型のマークが印象的な黒い看板が目印。

店名にも「汐そば」とあるように、塩ラーメンが人気のお店です。

上品な深みのあるスープで、地鶏や鰹節といった素材にこだわって作られている上質な味です。

「醤そば」「まぜそば」「担々麺」と味の種類はさまざまで、どれを食べても秀逸な美味しさを感じられます。

テーブルには味変用にと、自家製の香り辣油や昆布甘酢が用意されていますが、それを忘れてあっという間に完食してしまう人、多数。

食べ終えた後は、次回は何を食べようか、と嬉しい悩みが増えることでしょう。

ラーメン専門店 徳川町 如水

名古屋市東区、地下鉄車道駅より徒歩15分に位置するのが「ラーメン専門店 徳川町 如水」です。

お店の看板メニューは塩ラーメンで、細いストレート麺に奥行きある深いスープの味が絡みます。

チャーシューやメンマ、1つ1つの具材もレベルが高いと評判です。

しかしながら、にんにくの香りを利かせた「香そば塩」や、辛めのミンチとシャキシャキ感が残る玉ねぎに太麺を付けて食べる「台湾つけめん」もリピーターが多いメニュー。

さらには不定期にお店のFacebookで告知される、期間限定の裏メニューが登場することもあり、どれもあっという間に完売してしまうようです。

もし遭遇したら、かなりラッキーだと思ってもいいでしょう。

お子様メニューもあり、比較的リーズナブルな価格設定となっています。

麺家獅子丸

名古屋市中村区、JR名古屋駅から徒歩5分のところにあるのが「麺家獅子丸」。

市内に3店舗、テイストの違うラーメン屋を経営しており、このお店では「洋」をコンセプトにラーメンが作られています。

フォトジェニックな具材の盛り付けが芸術品ともいえる「獅子丸白湯ラーメン」もおすすめですが、海老の香ばしい匂いが贅沢な「伊勢海老ラーメン」も人気です。

真っ白でクリーミ―なスープは、提供する直前にハンドミキサーで素早く泡立てているという徹底ぶり。

また、チャーシュー丼はイベリコ豚であったりと、まるでフレンチかイタリアンを思わせる食材にもお店のこだわりが垣間見えます。

コンセプトに見事マッチした、ラーメンの味わいを楽しんで下さい。

からみそラーメン ふくろう 本店

名古屋市北区、名鉄上飯田駅から徒歩8分のところに本店を構えるのが「からみそラーメン ふくろう」。

東海三県に複数店舗を展開させるこのお店のラーメンは、山形生まれのからみそラーメンを名古屋という地にあわせて進化させています。

魚介ベースのまろやかな味噌スープに、お店の自家製からみそを少しずつ溶かして辛さを楽しむ「からみそラーメン」。

おすすめはこの「からみそラーメン」にチャーシュー・半熟味玉・海苔・メンマ・ネギをトッピングした全部乗せです。

また、味噌だれにパンチを利かせた「からみそまぜそば」も人気。

デリバリー販売も提供されていて、出前専用の「からみそラーメン」を頼めば、お店で食べる味を楽しむことも可能です。

らーめん奏

名古屋市昭和区、地下鉄吹上駅を降りて徒歩2分、ビルの一角にある「らーめん奏」は小さいながらもリピーターが多いラーメン屋です。

その理由は、優しい昆布だしの味わいが広がる「しおラーメン」のクオリティの高さ。

動物系特有の匂いを感じさせない、完璧なスープだと夢中になる人が多いのも納得の味です。

同じく「こくまろ煮干しラーメン」も、煮干しの旨味のみが感じられて人気の一杯。

少ない席数ではあるものの、一度は訪れてみたい名店のひとつです。

お店のTwitterでは、随時お店の営業時間について更新されているため、来店前にチェックしておくと良いでしょう。

中華蕎麦 生る(なる)

名古屋市千種区、地下鉄今池駅から徒歩15分ほどのところにある「中華蕎麦 生る(なる)」は、つけ麺で有名なお店。

東京都葛飾区にある有名店「つけ麺 道(みち)」の味に惚れた店主が、3年間修業した末に出店したお店は常に人でにぎわっています。

おすすめはやっぱり「濃厚つけそば」で、トッピングは別の皿にて提供してくれます。

低温調理された柔らかいチャーシューと味玉、そして国産小麦の外皮と全粒粉をブレンドした極太麺が濃厚スープに絡み、するすると完食してしまうことでしょう。

なお、つけ麺以外のメニューもあり「赤鶏白湯らーめん」や、チャーシューたっぷりの「家系らーめん」といった通常のラーメンも揃えています。

どれも味は一級品、何度も足を運びたくなることでしょう。

麺屋はなび 高畑本店

名古屋市中川区、地下鉄高畑駅から徒歩5分のところにある「麺屋はなび」。

名古屋市に本店を構え、東海地方だけでなく韓国やロサンゼルスにもお店を展開しています。

スープたっぷりのスタンダードなラーメンもありますが、お店の看板メニューである「台湾まぜそば」が一番人気です。

太めのストレート麺の上には、ピリ辛の台湾ミンチと魚粉、卵黄やにんにく、にらといったパンチのある食材が乗っています。

そのまま麵と絡めて食べるのも美味しいですが、自家製の昆布酢をかけて味変をして楽しむのもおすすめです。

テイクアウトも行っており、電話で注文すれば持ち帰り可能。

卵黄の代わりに、殻付きの半熟卵を用意してくれたりと、テイクアウトでも美味しく食べられるよう工夫がされています。

お店の味を手軽に、自宅でも楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、名古屋市周辺で食べられるラーメン店をご紹介しました。

行列必死の人気店では、小学生以下は入店不可であったり、並ぶ際は全員が揃ってから、といったルールが設けられていることがほとんどです。

きちんとマナーを守り、美味しいラーメンを楽しみましょう。

昼間よりも夜の方が比較的空いているため、待ち時間を少しでも減らしたい方は夜営業を狙ってみてはいかがでしょうか。

なお、コロナ禍で営業時間が変更になっているお店も多いので、来店前にホームページやツイッターといったSNSで、お店の情報をチェックしておくと安心です。

気軽に来店できるラーメン屋、名店の味を堪能してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました